ディスクリート部品リフロー

ディスクリート部品リフロー

ディスクリート部品リフローは、本来であれば、フロー槽によるはんだ付けが一般的ですが、上下の温度差を機構的につけることにより、リフローにてはんだ付けを実現させることができます。これにより、はんだ材料を大幅に削減出来るなど、計り知れないコストダウンが可能になります。

弊社では、ディスクリート部品リフロー用途として数多くの実績があり、最適な温度条件及び最適な機種の選択をするお手伝いが可能です。ディスクリート部品リフローに最適な実機(デモ機)をご用意しており、また知識豊富なスタッフがお客様のお悩み解決のお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

機種実績】

ディスクリート部品リフローは、お客様の求められる用途により、仕様が異なります。ここでは、最も実績の多い機種として、UNI-6116Sをご紹介いたします。

UNI-6116S

※ワークサイズや硬化時間によって最適な機種が異なりますので、ディスクリート部品リフローでのご質問などございましたら、下記よりご連絡ください。折り返し、担当者よりご連絡をさせていただきます。

ページ上部へ戻る