日本実装技術振興協会 高密度実装技術部会ご紹介

 

いよいよ冬本番、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回、アントムが兼ねてより一員として参加している

日本実装技術振興協会 高密度実装技術部会のご紹介を致します。

 

高密度実装技術部会は、日本実装技術振興協会様にて

2ヶ月に一度、日本の高密度実装の発展及び、成長促進の為に実装技術における幅広い情報交換、

技術交流の場をご提供して頂いております。

高密度実装技術部会の歴史は長く、1986年に設立され、今回行われた定例会は実に157回目となります。

 

その高密度実装技術部会定例会に今回も参加させて頂きました。

定例会では、実装技術に関わる企業による、その企業の取り組みの内容報告や技術講演が行われ、

講義終了後には技術交流会により、様々な企業の方々と情報交換を行う機会の場があります。

 

アントムは実装に関わる設備メーカとして、このような場に積極的に足を運び、様々な情報を取り入れ

今後の装置づくりに役立てていきたいと考えています。

機会がありましたら、定例会、もしくは交流会の場で情報交換等が出来たら幸いです。