ウェハーバンプ形成
アントムTOPページ > ウェハーバンプ形成

ウェハーバンプ形成

【ウェハーバンプ形成】

ウェハーバンプ形成は、ウェハー上にはんだバンプを形成する方法です。

リフローでウェハーバンプ形成を行う場合は、一般的に低酸素濃度(100ppm以下)で使用します。

【機種実績】

ウェハーバンプ形成の場合には、窒素雰囲気及びクリーンルームでの仕様が一般的であり、弊社でのラインナップとしては下記の機種が実績として多く挙げられます。

UNI-6116S

※4インチウェハー、8インチウェハー、いずれかで仕様が異なります。

ウェハーバンプ形成用途でのご質問などございましたら、下記よりご連絡をお願い申し上げます。

折り返し、担当者よりご連絡をさせていただきます。

お問い合わせはこちら


ページ上部へ